健診を代行システムに依頼している企業はどれくらいか

近年、健康意識が高まってきており、自身の健康に対して意識している人が多くなっています。そして多くの企業でも社員の定期健診を取り入れています。健診費用を会社が負担してくれる所もあれば、配偶者の健診料も無料という所もあります。その健診は殆どの企業といってもいいぐらい、検診の代行業者に依頼しています。健診施設の予約、健診結果の管理とデータ化、未受診者への案内など全ての業務を会社が行うとなると大変な労力と費用がかかる為です。健診代行業者へ依頼した場合は、会社に医師、看護師、健診バスなどを派遣してくれるシステムもあれば、決まった施設へ健診を受けに行く場合もあります。また様々なオプションの健診を追加できる場合もあり、柔軟に対応してもらえる代行業者もあります。代行業者を利用し、受診率が高まった企業も多いようです。

健診代行業者を利用する場合の費用相場

健診の代行ですと、健康診断をしてもらえるだけというイメージかもしれません。しかし、実際は健診機関の契約代行や、健診の案内、予約、手配、健診結果回収、清算、受診状況の管理、健診結果管理といったような健診に関わる業務を全て代行して頂けます。その代行業者の相場というと、初期費用として数十万前後、代行費用は従業員数によりますが3000円から6000円前後/件、他に業務管理費用や健診費用等かかります。一見、高く感じるかもしれませんが、かなりの業務量を代行、管理してもらえることから、多くの企業が健診代行システムを利用しています。未受診者への再案内などの細かい業務までしっかりサポートしてもらえる点においても、利用する価値があるのではないでしょうか。今まで自社で行っていた健診の処理業務を代行業者へ依頼することにより、社員に他の業務を任せる事が出来、生産性も上がります。

健診の代行のサービスと今後について

健診の代行業者はその会社によって様々なサービスを提供している所もあります。健診の結果を書面のみならず、ネットで確認できたり、年度ごとに比較可能であったり、健診結果によって個別に健康管理をサポートしてくれるサービスがあります。昔は健診を受ければそれで終わりというイメージですが、近年では健診後のサポートもしっかりしています。企業側は従業員の健康を維持し、永く健康に働いてもらうことで、技術や能力の流出を防ぎ、生産性アップにつながるという大きなメリットがあります。その為、健診は重要な取り組みの一つになります。今後、定年の年齢が上がるとも言われており、従業員の高齢化も顕著になってくるのではないでしょうか。その中で従業員の健康を維持向上させるきっかけになる健診は、信頼でき多様なサービス、サポートのある代行業者を選ぶ事をおすすめします。