健診代行を便利に使うおすすめ方法

健診を毎年受けている人はどれくらいいるでしょうか。仕事が忙しくて受ける暇がない人や、そもそも受ける気の無い人もいるでしょう。しかし過労死などが問題視されている昨今、健康状態の把握は必須になってきています。企業によっては毎年健康診断を受けさせていますし、自治体によっても健康診断の費用を助成してくれます。いつまでも自分が健康だと思っていないで、しっかりとチェックしてもらう事は必要不可欠です。しかし企業にとって、健康診断を社員が受けているかいないかを管理するのは非常に手間のかかる仕事です。正直そこまで手が回らない会社も多いのではないでしょうか。そんな場合に便利なのが、代行サービスです。費用はかかりますが、一括して管理してくれる為、非常に助かるサービスになっています。

健診の代行サービスについてご紹介

健診の代行サービスとは、具体的にどんな内容なのでしょうか。それは、健康診断の予約から精算、健診結果データの分析までしてくれるサービスの事です。このサービスを導入する事により、受信していない人を無くす事も可能です。今まで社内で行っていた、医療機関の確保や予約、健診結果の回収やデータ化などがすべて任せられます。従業員の数が多ければ多い程大変だった作業を代行してくれる為、多少の費用がかかっても導入する企業が多くなっています。また、規模の大きな企業は提携の医療機関も持っており、よりスムーズに健診が行なえるようになっています。健診を利用する側にとっても、インターネットで予約出来たり過去の健診結果が閲覧できる仕組みなどもある為、便利なサービスと言えます。では実際の費用を見ていきましょう。

健診の代行サービスの費用の相場

先述したように、健診に関わるすべての業務を一括で代行してくれるサービスですので、費用はかなりかかってきます。委託先によってさまざまですが、初期費用、月々の管理費用が数万円、従業員の数によって代行費用などがかかってきます。導入時は100万円程かかりますが、長期で見ていけばそれだけの価値はあります。健康診断の受診率が低い場合や、データ管理がしっかりできていない場合など、代行サービスを利用するメリットはかなりあります。初期投資はかなりかかるものではありますが、今まで行っていた健診に関わる業務を任せられる為、長期的に見ればコストダウンに繋がっていきます。また、利用者側からも便利になる為、必然的に受診率も上がり。社員の健康管理ができる様になります。まだ導入していない場合は是非検討してみましょう。