トップ
Tokyo2020Countdown

もっと情報一覧

コールセンターは通販会社の顔

通販会社にとってコールセンターは、会社の顔です。商品を選ぶのはカタログであっても、注文や予約、資料やサンプルの請求、DMやカタログの発送受付、クレーム処理など、実際に対応をするのはコールセンターになります。対応する人、ひとりひとりが通販会社の顔であり、会社そのものといった印象を与えてしまいます。ですから、たとえパートやアルバイトとして業務を行っていたとしても、会社の代表として業務を行っていることをわすれてはいけません。会社側もそういった事実を踏まえて人材育成し教育を行っていくべきでしょう。人が行うサービスは、機械的ではいけません。心のこもった対応をするべきです。

様々なコールセンターの対応

今や流通の大きな目玉となっているのが通販です。日々の忙しさから、中々、外に買い物に出掛けられない現代日本人にとって頼みの綱です。そして、気持ちよく商品を購入できるコールセンターの対応は大切なポイントのひとつです。商品に直接触れる事の出来ない消費者にとってコールセンターの対応が情報の全てです。細やかの商品の内容や事項に的確に答えてくれることで信頼し安心して購入できるのです。研修は済ませているのですが、まれに不慣れな新人さんに当たったり電話先で先輩に聞きにいかれたりすると不安になります。通販の応対の仕方は商品の顔となります。